news image

2011年3月アーカイブ

価値観の変化

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、というか、たまに考えるのですが、今回の震災で人々の建築に対する価値観が
又一段と加速して変わって行く様に思います。

昔の様に建築というものの『重み』があまり感じられなくなってきている様に思います。
確かに、あんなに簡単に建物が流されて行くのを目の当たりにすると仕方がないのですが・・・。

何十年ものローンを組んで建てた家が一瞬でなくなってしまう。

そんな情景を日本中の人たちが連日テレビで見ている中で
心の奥にものすごい恐怖感が芽生えるのは当然の事で、
これから先の『建築に対する人々の感覚』への影響は計り知れません。

政府は『想定外の地震』と言いましたが、これから先は『想定内』。
かといって今のどんな技術を使っても震災で倒壊せず、みんなが建てれる家を
作るなんてすぐの未来では考えにくいですし・・・。

そういう意味でもこれからは強固な建築にしがみつくというよりは
ある種、負けを認めて捨てる建築になって行く様な・・・。

もっと家が『物化』していって、『建てる』というより『買う』様な感覚。
そしていざという時には、捨てる覚悟が持てる家。
でも普段はきちんと使えて、暮らせる。

だってしょせん人間が作ったもの
自然にはかないません。

今うちの子供がよく見ている漫画、ドラゴンボールの中によく出てくる家、
それは『ホイポイカプセル』に収納される家。

あんなのが本当に実現できたら、地震が来たらカプセルに入れて逃げる。
どこか広場を見つけたら広げる。
そんな未来がいつか本当にあるかもしれませんね。
『人間は想像するものすべてが実現可能だ』なんて言いますしね。

人間はずっと『重力の呪縛』と戦ってきた様にも思います。
未来を感じるデザインや建築にはいつもそういう物を感じます。



社名を今のうちに『カプセルコーポレーション』に変えておこうかな・・・。














震災

| コメント(0) | トラックバック(0)
このたび東日本大震災で被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。
又、犠牲になられた方々とご遺族の皆様には、
謹んでお悔やみ申し上げます。

DEWKSスタッフ一同、一日も早い復興を
心からお祈り申し上げます。


すごい雑学とゆうかまめ知識を本日は特別に皆様に提供致します!!

一般的な引き違いサッシの網戸の位置にについてのお話です。

意外と知らない方も多いと思いますが、部屋から外を見る方向で網戸は右側に固定しないと
網戸の効果は半減します。

もし左側に網戸を付けていたらサッシ(ガラス部分)を全開にしておけば良いのですが、少し開けた状態ではかなりの隙間が出ます。

ゴキブリだって簡単に入れます。

換気は、右側の窓を開け、人が通るなら、左側を開ける。引き違いサッシはこのように造られているんですよ。

40eee6b0.jpg



カテゴリ