news image

2011年10月アーカイブ

KAKOMI 11/3OPEN

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
11月目前と言う事でものすごく寒くなってきた今日この頃です。

今日は11/3OPENになる『せいろ蒸しと季節料理 KAKOMI』の写真を一部載せる事に致します。
一枚目が草津KAKOMIで二枚目は彦根KAKOMIです。

IMGP4718.JPG

IMGP4845.JPG




その違いはめちゃくちゃビミョーなのですが、彦根の方はなんと彦根城が入っている事です。

近江牛とバームクーヘン豚をメインにせいろ蒸しを楽しめます。
彦根インターから八号線にぬけるまでにありますので彦根に来られる際は一度ご賞味あれ!


どないやねん!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

2ヶ月ほど前になるのですが、京都工芸繊維大学にて行われていた建築家の白井晟一氏の展覧会に行ってきました。

僕の学生時代にはこの手の展覧会に足しげく通ったもんですが、最近は行ける回数も減ったのでウキウキで見てきました。



会場では生前手掛けた物件の図面や模型がいくつも展示されており、白井氏の代表的な作品に触れながらその建築に対する世界観を感じれました。


一番印象的だったのが、CADが無い時代によくこれだけのものが描けたなぁというくらいの非常に細かい図面。

ただ細かいだけでなく設計者の意図もしっかり伝わってくる、そんな図面の数々に感心しっぱなしでした。

創りたい空間をイメージしながらアウトプットする。

それに費やす時間と労力は、今とは比べ物にならないでしょう。



そんな図面に圧倒される中、白井氏が掛けていたメガネに関する考察にふと目が留まりました。

その文中で『なぜ丸メガネを掛けているのか』との質問があったのですが、

白井氏は最近のメガネはいかがなものかと苦言を呈し、かつそんなデザインのメガネを流行らせたメガネ業界に対する不満をぶちまけていました。


フムフム、やはり一流建築家たるもの身近なデザインにもうるさいですな。

と感心しながら読んでいると、最後の結びで結局丸メガネを掛け続けている理由として

『なんとなく変える機会が無かったから』だそうです。



。。。いろんな意味でスケールが大きい展覧会でした。



カリスマ.jpg

2つの目

| コメント(1) | トラックバック(0)

運動会も終わり、急に寒くなったせいか風邪をひいてしまって困っている、今日このごろ
です。
 さて、寒いといえば巷では地球温暖化なんてよく言われますが、(僕はあまり信じてませんが・・)
季節が寒い季節になると(ちょうど今頃から)
ぴたっと議論される事もなくなる様に思います。

実際、僕自身、体感的にはあまり実感がない様に思いますし、真冬なんかは
『いっつもこんな寒かったかな〜』なんて思う程、普通に寒い様に思います。

実際どうなんでしょうね〜。コペルニクス的転換じゃないですが、今世間が『よし』として動いている事も本当の所はよくわからないし、どっちかっていうとそれにまつわる人たちの『利害』で決まってしまっている事の方が多いのではないでしょうか?

歴史一つとって見ても、教科書にのっているから『真実』って事じゃない。
決めるのはいつも勝者で、勝者によって解釈され、時に改ざんされ歪められていく。

そこには人間が持つ知恵の副作用の様な、ある種異様なものが見え隠れします。
今の時代は『情報化社会』。
知りたいと思えば何でも調べられ、たくさんの色んな意見を聞く事も出来る。
その時代に生まれた恩恵を十分に生かし、しっかりと自分なりの真実を見極められる
知恵を身に付けたいものです。

20061018000044.jpg











カテゴリ